私のおきにいりたち、こだわり、国内外ひとり旅、海外生活等々紹介。帰国後結婚し、09年4月に長男、11年5月に次男を出産。子育てブログになりつつも・・・。


by chloe_chloe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:渡航準備( 20 )

先日、キッズたろうのパスポート用の写真を撮りに行ってきました。
こどもはじっとしてカメラの前に長い時間座っていられないですし、
パスポート写真の場合、背景は無地なので、
どうやって撮るのだろうと興味津々でした。。。

就職用の写真などとは違い、年に1度使うか使わないかくらいの、
親が見るだけの写真なので、自己満足の域だわ~なんて思い、
成長とともにどんどんと顔も変わっちゃうだろうから、
まぁ撮れれば良いかな、くらいであまり深く考えていなかったこともあり、
その日の思いつきでほいくえんからピックアップ後、
食材の買い物がてら、ついでに撮れたらなぁと、近所のスーパー内にあるお店へ。


椅子にひとりで座っていられるので、ちょこんと座らせてとなりで足などを
押さえつつ撮ってもらったり、だっこした体勢でキッズたろうを上に掲げて撮ったり。。。
しかし、上に持ち上げると不安定なので体の中心が曲がって撮れてしまったり。
ひとりで椅子に座らせると下を向いたり、そんな時に限ってばんざーい!をしてみせたりして
手を叩いて笑いだしたり、周りを通る通行人に目がいってしまったりし、
遂には飽きてしまい、、、もうぜんぜんじっとしてくれず。。。
あまりこどもの証明写真になれていない年配の庶民的な男性店員だったこともあり
しかもプロ用の一眼レフではなく普通のデジカメを三脚に取り付けたような
チープな感じのカメラだし、背景のスクリーンはキーッ!汚れているし、、、
カメラの操作がよく分かっていないようで
フラッシュがつかないとか高さが合わないとかで
ベストなシャッターチャンスを何度も逃していて
撮れた写真はすべてブレまくってまっすぐを見ている写真が一枚もなかったのです!
撮った本人も面倒くさくなったのか消極的な発言ばかりで
(ここは支店なので本館に来てくれたらバシッと撮れるんだけどな、などとぼやき。。。)
いい加減呆れてしまい、私の一眼レフで私が撮ったほうがまだマシでは???
時間の無駄だったーーーと思いつつ帰宅しました。

まぁ、そういうお店を選んだ私も私ですが、全然プロ意識に欠ける対応だったため、
次の日はリベンジということで!?商店街にあってホームページも充実している
こぎれいできちんとしていると思われる写真館へ。

中へ入ると数々のプロ用カメラと機材が並べられ、スタジオもとってもよい雰囲気。
カメラマンはしわのないパリッとノリのきいたシャツを着ていて紳士的。

1歳2ヶ月という年齢にもまったく動じず、椅子に座らせたら、
卒なくパシャッ、パシャッと5,6枚を連写のように数秒で撮って完了!
まぁ!圧巻でした。

写真を撮っている間は、昨日の、あの落ち着きのなさはどこへやらというほど
今回はとても真剣な表情でじーっとしていてくれたキッズたろう。
ところ変われば・・・なんとやら、、、という感じで
プロのカメラマンの力、恐るべしでした。。。
びっくりして泣いちゃったら出直しだわ~なんて思ったりしていたのですが
そんな心配は無用なほど、瞬時な対応でした。

そのカメラマンはそんなにあっという間の真剣勝負の間も、
どこからこの声を出しているの?というようなユニークな声で
隣に立つアシスタントの奥さんが手に持っていたバイキンマンのぬいぐるみの声を真似て
はっひふっへほーーなんて言って視線をレンズのほうに向けさせたりしていて、
びっくり!でしたー。

撮った後はその5,6枚の中から瞬時に一番良く写っている写真をチョイスし、
よし、○番目!と奥さんに伝え、ものの見事な早さで仕上げてくれました!

もちろん仕上がりはとっても満足いく出来で、清々しい気持ちで帰宅できたのでした。。。


こども証明写真。
たかがパスポートの写真かもしれませんが、されどパスポート写真。
一度作ったら5年も書きかえずに使いますし、
良い思い出にもなるので、お店選びは慎重に!(苦笑)
[PR]
by chloe_chloe | 2010-06-24 21:07 | 渡航準備
1年で必要なモノって一体どれだけの量になるのだろう?
今夜は持って行きたいものをとりあえず部屋の床に並べてみました。
あらら、想像していた量と比べると・・・並べてみると意外と少ないものですねっどうしてもこれがないと困っちゃうぅぅというものって真剣にいる・いらないを考えるとそんなには多くないもので・・・なんとか生きていけそうなものですね~
・・・というもの今回の私の場合はワーキングホリデーということもあり、とりあえず1年の予定だからこんなにコンパクトなのでしょう。これが仕事で赴任だったり、永住だったり、日本に帰れる場所がなく飛び立つ場合とは明らかに違うんですものね~
戻ってきても良い、実家の自分の部屋がある安心感、おかげさまでそのままの状態で残していっても問題ない&荷物を送ってくれる家族がいるというシアワセモノの私だからこそ、お気楽にパッキングできるのかもしれません。感謝感謝だわ~

さてさて、あとはスーツケースにつめるだけとなりました。
仕事をしながらの準備は思った以上に時間が限らればたばたしますが、そ~んな忙しさがまたたまらなく好きだったりする私・・・(笑)
1年家を空けるんですもの、当日の出発時間ぎりぎりに、ピンチ!スーツケースが閉まらないぃぃ!な~んてパッキングだけで精一杯!であわただしく出掛けるのではなく、余裕を持ってお世話になったこの部屋をきれいさっぱりと片付けて、誰かにサブレットできるくらいの気持ちで発ちたいなっ
[PR]
by chloe_chloe | 2005-06-28 00:17 | 渡航準備

準備に追われて・・・

出発まであとわずかとなりました。
友人知人への挨拶や必要なものの買い出し、諸手続や情報収集等で、思っていた以上に現在慌ただしい状態ですっ
なにか忘れているような気がしてそわそわしていますが、なるようにしかならないので潔く諦めるのもひとつなんでしょうねっ
メディアプレーヤーへのCD取り込みに時間が掛かっています。合間をみてブログを更新しますのでお含み置きくださいませ~
[PR]
by chloe_chloe | 2005-06-27 00:27 | 渡航準備
そういえば・・・私が今持っている情報って・・・改めて考えてみると、意外に少ないかも・・・(笑)
3年前に購入したワールドガイド“カナダ”一冊とインターネットのみ。
ガイド本は渡航ぎりぎりに最新版を買うわ~と思っていましたし、地図はモントリオールに着いたら観光案内所でもらえば良いし~♪なんてお気楽に考えていました。。。しかし、実際に部屋を探してみて改めて実感。ガイドブックに載っているダウンタウンの広域地図半ページしか手元にない私は詳細の地図がないと質問さえできないではないですか。特徴のある地区名や建物も把握していないと・・・。モントリオールは欧州の古い建物と現代の建物が混在、そして自然が溢れた街ですもの。場所によってはずいぶんと街並みが違ってくるようです。

More・・・
[PR]
by chloe_chloe | 2005-06-15 23:07 | 渡航準備

packingについて 4

渡航まであと半月。ここ最近だいぶ渡航準備モードになってきました。
・・・ということで、今日は持ち物の中でも私テキに絶対にハズセナイというモノたちをいくつか挙げてみます。

More・・・
[PR]
by chloe_chloe | 2005-06-15 00:12 | 渡航準備

住まいを探す

ワーホリを考え始めた頃からカナダフェアやワーホリフェアへ出向いては資料をもらいちょっとずつリサーチしていた私。色々と情報を集めてみるとどうやら留学斡旋会社を通さずに自力でカナダへ渡ることはポイントをおさえていればそう難しいことではないということが判明。特にサポートや学校紹介、ホームステイ先の手配等を必要としているわけではないので、おんぶにだっこが嫌いでコウキシン旺盛な私は“全て自分のチカラでやってみよう!それが醍醐味だわっ”といちから準備を始めたのでした。

More・・・
[PR]
by chloe_chloe | 2005-06-12 22:20 | 渡航準備

ワーホリの目的とは。

今のところ思い描いているカナダ滞在中にしたいことをお話しします。
一つ目・・・モントリオール国際ジャズフェスティバルを観たい。
夏が短いケベック州では6,7,8月にあちこちで連日フェスティバルが行われるよう。ジャズが大好きな私は1年に一度しか開催されないこの催しを外すわけにはいきません。。。カナダでの生活に慣れるまでは、のんびりとフェスティバルめぐりをするつもり。
2つ目・・・仕事をしたーい。
仕事って個性を発揮できる場で多くの出会いがあり、報酬を受けると同時に勉強になることばかり。基本的に仕事って好きなんですよね、私。英語力、仏語力によってできる仕事に制限がありますが、ウェイトレスでもキッチンでもヤル気は十分。本当はオフィスワークができたら良いけれどねっ
3つ目・・・旅。

More・・・
[PR]
by chloe_chloe | 2005-06-09 00:35 | 渡航準備

packingについて 3

c0052217_133484.jpg
一生ものだもの、これしかないっ!と言えるもの。実はまだ見つけられず、今のところ候補として考えられるのは・・・やっぱりリモワかしらねっ
アルミだったらゼロハリやリモワ、おしゃれ重視だったらヴィトンやグローヴ・トロッターあたり、丈夫で有名なサムソナイト、軽さで言えば布のスーツケースでしょうか・・・。
値段と、丈夫さ、軽さ、おしゃれ度で比較検討すると、いまのところリモワなのかなぁ・・・と思います。
まずアルミは・・・

More・・・
[PR]
by chloe_chloe | 2005-06-08 01:07 | 渡航準備

packingについて 2 

実際に旅先で使ってみた感想としては・・・
パック旅行(空港⇔ホテル送迎つき)の場合は断然スーツケースです!
パック旅行は複数で行く事が多いと思いますので、空港内での買い物やお手洗い、食事等での荷物の見張り番は心配ないですし、どこへ観光へ行っても旅行会社が荷物を移動・保管してくれる事が多いので、大きさや重さにこだわることなく、スーツケースが良いと思います。そして、スーツケースだったら、空港⇔自宅間は宅急便で送るのがおすすめ。自宅から空港まで車で5分!なんて楽ちんな方がいれば良いですが、ほどんどの人は、自宅→(タクシー)→最寄り駅→(電車)→主要駅→(電車もしくはバス)→空港かと思います。空港に着くまでに慣れないスーツケースの移動でくたくたになると思いますので。
ただし、気をつけたいのが・・・

More・・・
[PR]
by chloe_chloe | 2005-06-06 23:52 | 渡航準備

packingについて 

今日はカナダへの荷物の持ち込み方について。
これまでの私の旅のスタイルはと言うと、スーツケースの時もあれば、バックパックの時もあり、キャリーにかっちりしたボストンバックをくくりつける時もあれば、大きなナイロンボストンバックを肩から下げる時もあり・・・本当にさまざまなスタイルで旅をしてきました。
毎日同じホテルに滞在なのか、旅行先で食事等でちょっとした正装はするのか、滞在するホテルのグレードはどうか、滞在日数はどうか、現地までのアクセスはどうか等々・・・によって変えてきまして、具体的に挙げてみますと・・・

More・・・
[PR]
by chloe_chloe | 2005-06-06 01:33 | 渡航準備