私のおきにいりたち、こだわり、国内外ひとり旅、海外生活等々紹介。帰国後結婚し、09年4月に長男、11年5月に次男を出産。子育てブログになりつつも・・・。


by chloe_chloe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

40度の高熱が。

母乳が思うように出なくて悩んでいる人のほうが圧倒的に多いであろうこの時期、
ラッキーにも嬉しい悲鳴!?なのか私の母乳はとにかく出過ぎて困るほど。
パットは一日に何度も替えなくてはならないしうっかりすると服までしみてしまいます。
飲ませている時は噴水になり顔中が母乳だらけ、
口の中で溢れるのでうまく飲めずむせて辛そうなほど。
パンパンに張って熱を持っていて常に痛いので日々微熱があるような状態なのです。

色々なサイトを見ると母乳が出過ぎて真剣に悩んでいるという人の相談には
必ずと言って良いほど“嫌味ですか(自慢ですか)”
というようなコメントがあり炎上しているので、
そのように感じる方には申し訳なく思うのですが
(仕方ないですよね、生後1,2か月の頃って
ママは想像以上の育児の大変さに心に余裕がなく、
神経がピリピリ、気分は産後ブルーだったりしますもの。)
今一番の困り事で真剣に悩んでいるので
記録としてあえて書こうと思います。。。

産後、常に胸が張って痛いのですが
慢性的になってしまっていて、特に気にすることもなく過ごしていた時のこと、
普段は胸が痛くて横向きに横になることができないのに
赤ちゃんの寝ている方向を向いていたくて、
胸を圧迫する姿でうっかり数時間眠ってしまったところ、
朝方に胸がパンパンに張って急激に痛くなり、
急に寒気と震えが襲ってきて歯がガタガタと止まらず関節が痛くなり、
あっという間に40度以上の高熱が出てしまいました。

ここ数週間は病院と実家、自宅を車で移動した以外人ごみの多いところには
出掛けていないのですが、もしかして新型(もしくは季節性の)
インフルエンザにかかった可能性も捨て切れないと思うと、
赤ちゃんにうつったらどうしようとか、
高熱でも母乳をあげて良いのかとか、薬を飲んでも大丈夫なのかとか、
心配でどうしようもなくなり、原因が分からないままただ寝ているわけにもいかず
GW中で病院はお休みだったのですが
出産した病院の分娩室の緊急連絡先へ電話したところ
たぶん乳腺症(乳腺炎)かとは思いますが念のためマスクをして緊急受付まで
来てくださいとのこと。

40度の高熱でふらふらする中、赤ちゃんを実家の母に預け、
夫に運転してもらい病院へ付き添ってもらうことに。
病院ではまず熱を測りインフルエンザの検査
(鼻のかなり奥に麺棒を入れ粘膜を採取)を。
10分で検査結果が出まして、陰性とのことだったのでひと安心。
(その時はパニックだったのですが冷静に考えたら
新型に感染する可能性はゼロに近かったわけですけどね)
その後、陰性だったので晴れて産科病棟へ移動。
二人掛かりで1時間以上かけておっぱいを搾乳してもらい、
パンパンに張って痛かった箇所は乳腺が詰まっていたようで
搾って開通すると、黄色くて汚い母乳がみるみる出てきて
あっという間に張りも取れたのでした。
先生からは乳腺が開通するような薬と抗生物質、坐薬を処方していただき
自宅に帰って薬を飲むとやっと熱が平熱近くまで下がったのでした。。。



それ以来、また乳腺炎にかかるかもしれないと思うと怖いなぁ
なんて思っていたのも束の間、
気が付くと数日後に胸に大きなしこりがこりこりと出来ているではないですか。
またすぐに高熱が出るかと思うともう怖くて
蒸タオルで胸を温めてとにかく乳輪から乳頭にかけて
あらゆる方向から搾乳してみたり
お風呂でマッサージしながら搾乳したりしましたが詰まった箇所が分からず
どうにもしこりが取れません。
桶谷式のマッサージに行くか、もしくは病院にまた行かなければ
ならないかなと思っていたのですが
熱が出るのも時間の問題と思いさらにネットで調べまくったところ
しこりの部分を指で押しながら色々な方向から赤ちゃんに吸ってもらうのが
一番良いとあったのでラグビー抱き(母乳の量がたくさん飲ませられる体勢)
で実践してみたところ、
なんと!しこりが消えたではありませんか!目からうろこでした。。。
赤ちゃんの吸う力って本当に強いんですよね。こんなに効果があるなんて!

乳腺炎はどうやら何度もかかってしまう人は多いようですので
和食中心の粗食にし、食べるものを気をつけるようにしています。
(どうやら、もち米、脂っこい食べ物、乳製品、甘い物、
たけのこ、山菜は乳腺を詰まらせたり母乳の出をよくしたり母乳に脂が出るので
NGのようです。泣)
そして、赤ちゃんに飲ませる前に多少搾乳して母乳が噴き出ない程度にして
乳首のまわりを柔らかくしておくことと
飲ませた後に適度に搾乳し、乳腺に残った古い母乳を捨てること、
そして乳腺が詰まらないようにマッサージすることを心がけるようにしています。

育児の大変さもさることながら、
母乳育児をするためのケアもこんなに大変だとは!
アルコールを我慢しているだけでも辛いのに、
食べたい物を食べたいだけ食べられないのは本当に辛いですね・・・。
でも赤ちゃんのためだもの、これが一生続くわけじゃないしと割り切って
気をつけていかなければ。。。

いつなにが起こるか分からない、これが育児の大変さなのね~と
つくづく実感した出来事でした。
[PR]
by chloe_chloe | 2009-05-11 13:41 | growth -0ヶ月