私のおきにいりたち、こだわり、国内外ひとり旅、海外生活等々紹介。帰国後結婚し、09年4月に長男、11年5月に次男を出産。子育てブログになりつつも・・・。


by chloe_chloe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

生後1週間までの様子。

私が選んだ病院は出産後の翌日より母子同室、
母乳育児推進(ミルクはNGで糖水のみ)でしたので
赤ちゃんが産まれた当日は預かってもらい、
心と体を休め睡眠を十分取った後は
翌日の午前中に授乳方法などの指導を受けた後、
早速4人部屋の病室に戻り赤ちゃんのお世話が始まりました。
同室1,2日目は赤ちゃんも吸い方が分からないのか
吸いついてくれるまで時間がかかったのと
私の母乳が初乳(黄色味がかった透明のどろっとしたもの)で
まだ量が出ず、授乳の仕方や抱き方がぎこちないことなどで赤ちゃんの眠りが浅く
24時間入室自由の授乳室に行き指導を受けつつの生活で
ほぼ2日間徹夜状態。
3日目あたりから母乳はさらりとした黄色に変わった後、やっと乳白色の甘い母乳が
ぴゅーっとたくさん出るようになったのですが、胸がかちかち・ぱんぱんに張り、
熱を持ち、痛みで夜も眠れないほどに。
搾乳・マッサージしたくてもNGとのことで、アイスノンで冷やしつつ
赤ちゃんに吸ってもらうのを待つのみということでとても辛い状態となりました。
幸い私は妊娠中からおっぱいマッサージをこまめにしていたので妊娠中から
乳腺が開通し初乳が出ていたからか、母乳はたくさん出て嬉しい悲鳴なのですが
出過ぎるのもぱんぱんで辛く、下着もパジャマもすぐにびしょびしょになってしまい
着替えや手洗いでの洗濯で洗面台との往復も辛いものでした。

振り返ってみると退院までの一週間はそれはそれは慌ただしい日々が続きました。
授乳の回数や様子(授乳は母乳か搾乳か糖水か)、おしっこ、うんちをしたか、
一日3回の体温測定などのこまかな記録をつけ、常にチェックされることはもちろん、
毎日のように授乳、沐浴、産褥、家族計画等の産後の生活についての指導が
決まった時間にあり、先生の回診、順番で回ってくるシャワー、3食の食事、
トイレ、面会時間になると移動したり、
長時間病室を空ける時に赤ちゃんを授乳室に預けに行ったり・・・と
ほとんど横になっている暇がなかったほど。
(でも、この適度な経過管理があったおかげでなにかと安心できましたし
退院後も赤ちゃんのお世話や抱き方、授乳方法も困らずすんなりでき、
決まった時間に動く規則正しい生活のおかげで生活リズムも取れました。)
会陰を縫っているので寝起きと椅子に座るのがとても辛く
ドーナツクッションがかかせないのと悪露も多くトイレへ行く回数が
多いこともありとにかく動いてばかり。
だから部屋に個別の冷蔵庫、お湯の出る洗面台とあたたかいお茶ポット、
ウォシュレット付トイレがあったのは本当に本当に助かりました。

出産直後の体重は出産前から-3.5キロ。
1,2日はおなかのお肉はまだひとり入っているのかなというほど膨らんでいましたが
徐々におさまり、退院する頃にはおなかはだいぶ凹み、
出産前から-4.5キロとなりました。
(この後、里帰り中にみるみる体重が落ちました)
ダイエットと気をつけていたわけではなく、スイーツ等食べたい物を食べていましたが
きっと、動かなくてはならない環境と総合病院ならではの
薄味、魚中心和食の病院食が良かったのでしょう。
(病院からは母乳に油脂が出るので甘いものと脂っこいものは
避けるよう指導されていましたが。)
赤ちゃんはというと、出産後2,3日は体重が減少していたようですが、母乳をたくさん
飲んでくれたことで、日増しに体重増加し褒められたほど。
出産時より100グラム増で退院できました。
おむつかぶれがひどかったので塗り薬を処方してもらったほかは
黄疸もなく、特に心配するような症状もなく、
母子共に異常なく同日に退院できました。
入院中に嬉しかったのは、授乳がうまくいかず疲れ切っていた時に
ある助産師さんが、授乳室で私の赤ちゃんを預かってくれていた際に撮った
オヤジのように耳の穴に指をいれてほじほじしているしぐさが写った
ベストショット!をプリントしてプレゼントしてくれたことでした。
それを頂いたらなんだかがちがちになっていた肩の力が抜けて
気持ちが晴れ晴れし、その後心に余裕ができリラックスして赤ちゃんのお世話が
出来るようになったりしました。
助産師さんは何十人もいましたが名前を言わなくても顔と名前を覚えてくれていて
きさくでとても明るく感じのよい方ばかりで本当に安心できました。
退院時にはお昼休み中にもかかわらず10人ほどの助産師さんが出てきてくれ
お見送りをしてくれて感激でした!
[PR]
by chloe_chloe | 2009-04-29 08:38 | growth -0ヶ月